おトクに買い物ができるサイトはどこ?主要ネットショッピングサイトを徹底比較!

【主要ネットショッピングサイトを徹底比較!】

昨今は実店舗を凌ぐ勢いでネットショッピングの全盛期です。多くの商品を取り扱っている横断型のネットショッピングサイトという点では「Amazon」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」の3つがしのぎを削っている状況です。
今回はその3つのサイトの特徴や、その利便性について解説していきたいと思います。

【Amazon】

販売形態:直販売・出店(マーケットプレイス)
強いジャンル:書籍・ゲーム等のメディア系
ポイント連携:あり(Amazonポイント)
カード連携:あり(Amazonマスターカード)
配送:直販売の場合は2000円以上の購入で無料

言わずもがなの世界最大のショッピングサイトがこのAmazonです。
書籍を始めとするメディア系の取扱に強みがあり、「Amazonのせいで街の本屋が危ない」といった声は十年前ぐらいからよく聞かれる話です。

他の2つのサイトとの大きな違いは、自社倉庫と販売網を持っており、Amazonで購入する商品はAmazonが販売・発送するという点でしょう。

在庫の数もさることながら、アフターサービスを含めネットショッピングの利便性を突き詰めたようなサイトです。

海外発の企業ということもあり、サイトのユーザーインターフェースは非常にシンプルであり、どんな人でも利用しやすいのではないでしょうか。反面、出店型のマーケットプレイスによる出品や、商品説明については簡素な表記のため、よく商品の説明を読まないと見逃してしまうという部分もあります。amazonの公式サイトこちら

【Yahoo!ショッピング】

販売形態:出店
強いジャンル:全般
ポイント連携:あり(Tポイント)
カード連携:あり(ヤフーカード)
配送:店舗による

日本で多くのシェアを占めるポータルサイト、Yahoo!Japanが提供する出店型のネットショッピングモールがこのYahoo!ショッピングです。
品揃えに関してはどんなジャンルに於いても網羅する店舗が出店しており、ここで揃わないものはないと言っても過言ではないかもしれません。

同じくYahoo!Japanが提供しているクレジットカードサービス、Yahoo!カードを利用して買い物をすると、Yahoo!ショッピングでたまるTポイントとは別にカード会員特典のTポイントがたまります。
ただ昨今、様々なポイントや決済方法が乱立した結果、Tポイントの優位性が下がっている点が若干気になるところでしょうか。

出店型のネットショッピングモールではありますが、ユーザーインターフェースは比較的統制が取れており、利用しやすいサイトではないでしょうか。yahooの公式サイトはこちら

【楽天市場】

販売形態:出店
強いジャンル:アパレル・生活用品
ポイント連携:あり(楽天ポイント)
カード連携:あり(楽天カード)
配送:店舗による

楽天銀行や楽天カード、楽天トラベルといったサービスを複合的に提供している楽天株式会社が運営している楽天市場。
楽天グループの中心的事業になっています。

ネットショッピングモールの先駆け的存在であり、日本発の企業であるという点から、出店している企業数は多いです。
また、比較的マイナーな店舗(アパレル・食料品)などの出店も目立ち、掘り出し物や激安の訳あり品を見つける――といった点では一歩抜きん出ているサイトではないでしょうか。

また、ポイント還元率が元来優位な楽天カードを使って買い物することによって、通常購入よりも効率的にポイント(楽天ポイント)を貯めることができるのが魅力です。

他の2サイトと比べると見劣ってしまうのは、ユーザーインターフェースでしょう。
店舗によって統一感がなく、ゴチャゴチャした印象で必要な情報や商品を見つけにくいという印象があります。
商品の検索機能についても同様の印象です。楽天の公式サイトはこちら

【ショッピングサイトに関するまとめ】

以上、3つのショッピングサイトについて比較しました。
欲しい商品の単純な価格を比較することは重要でありますが、同時に、ポイント還元率や送料などを複合的に考えてみると、よりお得にネットショッピングができることと思います。

特にクレジットカードについて、各サイトで利用すると現金購入よりもかなりの利点がありますので、抵抗のない方は発行を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です