郵便局のサービスでも違いが?クリックポストとゆうパックの違いを徹底解説!

【郵便局の発送サービス】

郵便局から一般郵便(はがき、封筒)以外のものを送るとなると、一般的には「ゆうパック」のサービスが浮かぶことと思います。
ゆうパックの中でも保冷対応のチルドゆうパックや、ゴルフ道具やスキー用品専用のゆうパックなどがあったりします。
ただ、基本的にはゆうパックのサービスをベースとしているのは変わりません。

郵便局は他にも荷物を送るサービスとして、「クリックポスト」というポスト投函型のサービスを提供しています。
こちらも個人で利用可能なサービスなのですが、ゆうパックに比べるとあまり知名度がないように思います。

全国一律送料という魅力があり、例えばネットオークションやフリマアプリで商品を販売して、小さなものを発送する場合だとクリックポストを利用した方が色々とメリットが有る場合があります。
今回は、郵便局が提供するサービスでも色々と異なる点のある、ゆうパックとクリックポストについて比較していきたいと思います。

【ゆうパック】

送付可能サイズ:タテ、ヨコ、高さを足して170cmまで
送付可能重量:25kgまで
料金:サイズ料金及び配送地区までの運賃による
決済:現金、ネット決済割引(クレジットカード)など
送付方法:郵便局・一部コンビニストアに持ち込む、もしくは集荷
配達:直接受け渡しが基本
郵便局の基本的な荷物配送サービスがこのゆうパックです。

基本的な配送サービスではありますが、近年は「持ち込み割引」や「ゆうパックスマホ割」といった各種割引サービスを実施しており、民間同業者との競争に挑んでいます。

このゆうパックスマホ割に加えて、郵便局受け取り割引などを併用すると、これまでの配送料金よりは安価に荷物を送付することが可能です。

https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/

【クリックポスト】

送付可能サイズ:タテ(長さ)34㎝以内、ヨコ(幅)25㎝以内、高さ(厚さ)3㎝以内
送付可能重量:1kgまで
料金:185円(全国一律送料)
決済:ネット決済(クレジットカード)のみ
送付方法:郵便ポストから差し出し、もしくは郵便局に持ち込む
配達:各家庭の郵便受けに投函
ネット決済限定で安価に郵便物が送れるサービスがクリックポストです。

上記のサイズ、重量以内の郵便物を送るサービスとしては、これまでもゆうパケットやゆうメールと言ったサービスが有りました。ただ、決済方法をネット決済(クレジットカード)に限定することにより、より割引になっています。

例として、タテ30cm、ヨコ20㎝、高さ(厚さ)2㎝の冊子(500g)を送る場合を想定してみると、料金は以下のようになります。

・ゆうパケット:300円

・ゆうメール:215円

・クリックポスト:185円

ゆうパケットやゆうメールの場合は着払いにできるといったシステム上のメリットもありますが、ただ送るだけならクリックポストが最安です。

また、クリックポストはネット決済を前提としているため、改めて切手を貼ったり、郵便局に荷物を持ち込む必要がありません。
決済後にマイページから印刷可能なラベルを印刷し、荷物に貼り付け、最寄りの郵便ポストに投函するだけで手続きが完了します。

一つネックなのは、どのクレジットカードでも直接決済することは不可能で、YahooウォレットもしくはAmazonPayを経由したクレジットカード決済が必要になる点で、少し事前の登録に手間を要す部分でしょうか。

https://clickpost.jp/

【郵便局の発送サービスに関するまとめ】

以上、郵便局の荷物配送サービスについて比較しました。

サービスごとに利用条件が異なるため一概に比較するのは難しいのですが、ネット決済に特化したクリックポストはこれまでの配送サービスよりも価格的にお得であることは確かです。

特に、配送料を抑えたいネットオークションやフリマアプリでの販売等においては重宝する存在ではないでしょうか。また、サイズ的にクリックポストの利用が難しい場合でも、ゆうパックにおいてゆうパックスマホ割等を利用することによって、安価に荷物を送付することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です