『魅力的、Adobeの便利な月額料金制サービス、『Creative Cloud』』

Adobeのソフト、「Photoshop」や「Illustrator」。
これらのソフトは個人使用をするには「少し高額な商品」というイメージをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。
しかし、現在は便利な定額制サービスが提供されています。

このサービスなら、Adobeで提供しているソフトを使用できます。
今回は、この『Creative Cloud』を簡単に紹介します。

【Adobeとは】

Adobe(アドビ)は、「アドビシステムズ」の略称となります。
1987年には「Illustrator」、1989年には「Photoshop」というソフトを発売し、その後にPDFの開発を行ったのがAdobeです。

仕事やプライベートで、PDFを利用した経験のある方は少なくないことでしょう。
私も日常的に利用しており、PDFを使用しない生活は、今となっては全く考えられないほどです。

そして、「Illustrator」や「Photoshop」に関しても、とても欲しいと思っていた時期がありました。
しかし「Illustrator」の定価は安くはありません。

仕事で使う場合なら高額でも購入したかもしれませんが、私の場合は趣味での利用です。
気軽に買うには少し高額だな、と思い、悩みながらも手が出せずにいたのです。

 

【『Creative Cloud』は定額で利用可能】

しかし、現在は、そんな「Illustrator」や「Photoshop」を、
誰でも手軽な金額で利用できるようになりました。

それが『Creative Cloud』で、Photoshopをはじめとしたサービスを月額料金で利用することが可能です。

全ての製品が使えるのが、
・『Creative Cloud』コンプリートプラン
で、月あたり税別4980円となります。
これで、ソフトを購入するよりもはるかに安く、様々なサービスを利用できる、というわけです。
なお、Adobeでは、画像や写真の編集、動画の作成など、たくさんの魅力的なサービスの体験版が多数用意されています。

Creative Cloudで使えるアプリケーション

・Illustrator 
ロゴからアイコン、スケッチ、タイポグラフィ、複雑なイラストレーションなど作成できる
・Photoshop
プロも使用する画像編集ソフトです

・Dreamweaver
ホームページ作成ソフト
・InDesign
雑誌やページものを作成するソフト

・Lightroom
カメラマン必須アイテムどのデバイスからでも写真の加工や整理ができます
・Experience Design
Webサイトやモバイルアプリのデザインとプロトタイプの作

・Acrobat DC
PDF編集ソフト PDFの作成、編集、変換 ·

・Premiere Pro CC
映像編集ソフト

・After Effects CC
映像加工ソフト 

など

【『Creative Cloud』、ダウンロードや解約方法】

それでは簡単に、ダウンロードや解約の手順を紹介します。
・ダウンロード
ダウンロードページ(https://www.adobe.com/jp/creativecloud/desktop-app.html)にアクセスします。
ダウンロードの青いボタンをクリックします。
Adobeのアカウントを持っている場合はログイン、ない場合は、新規作成します。
それらの作業が完了するとダウンロードが開始します。

解約
解約したいIDでログインし、アカウント管理の「プラン詳細」で「プランの解約」をクリックします。
さらに解約の理由を選択し「プランの解約を行う」をクリックします。
ただし、年間プランを途中解約する場合は、解約金が発生するので要注意です。
この解約金は、年間の契約の、
「残り期間の料金の50パーセント」
となります。
年間で契約する場合は、事前に確認しておきましょう。

ダウンロードも解約も、それほど難しい作業ではありません。

【これから『Creative Cloud』を使ってみたい方へ】

デジタルコンテンツを使って製作を行いたい方に、おすすめのサービス、『Creative Cloud』。

高額なソフトを購入しなくても月額料金で様々なサービスが受けられるのは実に魅力的です。

体験版は無償で利用することが可能ですので、気になるサービスがあるなら、
PCにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Adobe公式サイト
red_002